老眼

老眼はもうはじまっています

老眼とは、目のピント合わせをするレンズの役割をする水晶体の厚さを調節する力が弱まり、近いところが見えにくくなる状態で、40歳前後から始まる老化現象です。

人は普段は水晶体の厚みを変えピントを合わせて見ています。
老眼になるとピントを合わせることができる範囲が狭くなっていきます。
その結果、近くにピントが合わずに見づらくなります。

近くのものを見るときにピントが合わせにくくなっているので、新聞や本を読む時に遠く離さないと文字が読めなくなります。

40歳前後で遠くはよく見えて疲れないのに近くを見ていると疲れる、明るいと近くが見えるのに薄暗いと見えにくい、小さい字は少し遠くに離すと見易いなどの症状を自覚します。
40歳というとまだまだ体も元気ですし、老化を認めるにはまだ遠いと思いがちな年齢なのですが、早く自覚すべきなのです。

眼科で診てもらいましょう

おかしいな、と少しでも思ったら眼科で診てもらう必要があります。
「気のせいだ」「たまたまだ」「そんなはずがない」とそのまま放置しておくと、症状はどんどん進行してしまいます。おかしいなと思ったら、早めに眼科医にかかり、自分に合った眼鏡を使いましょう。

眼鏡をかけずに生活を続けていると不便なだけでなく、目にもよくありません。
「まだ若いから」と無理をするといろいろ不都合が生じてきます。
放っておくと、頭痛・肩こり・吐きけ・めまいの症状がでます。
これらが慢性化すると今後の生活を台無しにしてしまうかもしれません。必ず眼科に行くようにしてください。

老眼鏡、コンタクトもしくはレーシックを

老眼を自覚した方の中には、今まで眼鏡やコンタクトレンズとは無縁だった人も多いことと思います。

初めて眼鏡やコンタクトレンズを作ることになった人は、自分に合った眼鏡を選ぶことに気を遣ってください。

また、いまでは老視矯正レーシックという、エキシマレーザーという特殊なレーザーを使用して角膜中心部を遠方に、角膜周辺部を近方に合わせるように矯正するレーシック手術もあります。


[PR]|大阪のでブランド買取ならブランド買取 大阪/大阪でのブランド買取なら出張 ブランド買取 大阪